有給の時の中で(作詞:中山卓 作曲:中山卓)

雇用契約書 交わして

新しい仕事に就いて

新しい職場でやり直し始めた

 

あくまでも君のこと

大切に思いながらも

今はこの職場で頑張ってみたいんだ

 

まずは 信頼を勝ち取りたいから

残業もやって 頑張ってんだ

どんなに社会の荒波に揉まれても

君を守れる男になりたくて

 

僕はここで半年という時を過ごしてきた 

今は10日の有給休暇があるよ

ほんの少しの勇気を出して初めての有給を

君との想い出のために使うよ

そこには理由などいらない

 

やむなく変更余儀なくされても

そこにはちゃんと理由がある

労働者の権利だけじゃない 

会社側も時季を変更できる権利を持っている

 

そうさ ここで自分の立ち位置を確かめてみながら

歩んでいくんだ 迷いはないよ

そしてて 有給の願いを届けて指し示す

希望の日を会社に伝えよう

そこには理由などいらない

 

1日増え 2日増え

4日 6日 8日 10日増えて

勤続年数が 増えるたびに

君と有給の時を刻むのだろう

 

2年で消える 有給のはかなさよ

想い出は消えない

生きていくんだ 2人の時間を超えて

悠久の時の流れの中

君との出会いが生まれた奇跡を

感じながら 申請を出してきたんだ

 

僕の勇気を 君だけのために使うよ

 

有給休暇 for you...